血圧を上げない入浴法

血圧を上げないための入浴法

高血圧の人が特に注意しなければならないのが、入浴の時と言われています。実は入浴中が最も血圧が変動しやすいのです。そのため、一歩間違えると急激な血圧の変化に耐え切れず、倒れてしまう可能性も高くなりますので注意が必要なのです。

入浴時の血圧の変化について

お風呂に入る女性

人間の血管は体が冷えると収縮し、反対に温まると拡張する仕組みとなっています。まず、お風呂に入るとなると、誰でも脱衣所で服を脱ぎますね。この時、特に冬場だと体が冷やされるため、血管が収縮します。その結果、血圧が上昇するわけです。

 

その後、お風呂で湯船に浸かると温かいお湯によって交感神経が刺激されます。その結果、心臓から送られている血液の量が増えるため、再び血圧が上昇するのです。その後、だんだん体がお湯に温められてくると、次第に血管は拡張していきます。それに伴って、今度は血圧が下降していくのです。

 

こうして下がった血圧は、再びお風呂から出て脱衣所に戻ったときに、体が冷やされることで再度上昇してしまいます。このように、入浴する時は血圧に変化が起こりやすいのです。

血圧を上げないためにはどうすればいい?

高血圧の人にとっては、血圧が上昇しすぎてしまうことをなるべく防いでいきたいところです。特に入浴の時間は上記で説明した通り、血圧の上昇が起きやすいといえます。そのため、できるだけ工夫して血圧を上昇させないように入浴するようにしてみましょう。

 

血圧は急激な温度差によって突然変化してしまいます。特に脱衣所の寒さや、湯船に入った瞬間のお湯の刺激などは血圧を急激に上昇させやすいです。このように、急激な血圧の上昇を防ぐためにも、なるべく温度差を作らないようにしていきましょう。

 

まず、脱衣所の場合は入浴する前に予め暖房などによって温めておくようにすると良いでしょう。赤外線ストーブをしばらくつけておくなどして、脱衣所がある程度温まってから入るようにしましょう。

 

次に、湯船に浸かる時です。湯船のお湯の温度があまりにも熱いと、交感神経への刺激が強くなり、急激な血圧上昇が起こりやすくなります。そのため、できるだけお湯の温度はぬるめにしておきましょう。適温は40度以下と言われています。特に寒い冬は熱いお湯に浸かりたくなるものですが、この温度を意識しておくようにしましょう。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング