黒酢の血圧を下げる効果について

黒酢の血圧を下げる効果について | 黒酢で高血圧を改善

黒酢

黒酢といえば血流の改善をはじめとして、様々な健康効果を期待できることで有名ですね。

 

そんな黒酢が血圧低下にも良い影響を与えてくれること、ご存知でしょうか?

 

この記事を読むことで、高血圧に黒酢が与える良い影響について知ることができます。また、黒酢を飲むタイミングなども把握できるので、より健康的な毎日のために役立つでしょう。

 

高血圧で悩んでいる人は勿論、より健康的な毎日を実現していきたい人は是非参考にしてくださいね。

 

黒酢が高血圧に良いのはどうして?

黒酢が高血圧に良い影響を与えると言われているのは、どうしてでしょうか?その答えは、黒酢に含まれる酢酸にあります。酢酸といえば、血液を浄化する働きの他、エネルギーの生成を助ける働き、腸内環境を改善する働きなどが注目されているものです。

 

そして、酢酸は接種後に代謝されることでアデノシンという物質に変わります。この物質は、血管を広げる働きを持つため、血圧を下げるのに良い影響を期待できるのです。

 

実際、とある大学とメーカーが行った研究において、黒酢を飲み続けた人と飲まない人を比べた結果、前者は6週間ほどで血圧を正常値に戻すことができたという結果も出ています。

 

高血圧に悩まされている人は勿論のこと、両親など親族に高血圧を患った人がいる人や、生活習慣が乱れがちな人はぜひ、積極的に黒酢を飲む習慣をつけてみてください。

 

黒酢で期待できる効果をより良くするために…

近年の日本人の多くは、乱れた生活習慣やストレス、食の欧米化などから誰もが高血圧と隣合わせの生活を送っていると言えます。

 

そのため、黒酢を飲む習慣をつけるなど、手軽に取り組める健康法は、是非やっていきたいものです。また、せっかく健康のために黒酢を飲む習慣をつけるなら、より良い効果を期待できるタイミングを意識したいものでしょう。

 

そこで、黒酢を飲む時に意識すると良いポイントを3つご紹介します。

 

毎食後に黒酢を飲もう

黒酢によって血圧を低下させるためには、1日あたり30ccほど摂取するのが良いとされています。ただし、黒酢のクエン酸や酢酸は、刺激作用を持っているため胃に負担をかけやすいです。

 

特に空きっ腹の状態で飲むのは、非常に負担がかかります。できれば毎食後に、30ccを1日3回に分けて10ccずつ飲むようにしましょう。そのままで飲みにくい場合は、水などで割って飲むのもオススメです。

 

就寝前にたっぷりの水を飲む

人間は就寝中、結構汗をかくものです。体内の水分が寝汗によって排出されてしまうため、どうしても血液がドロドロになります。それを防ぐために、就寝前にはなるべくたっぷりの水を飲むようにしましょう。

 

夕食後に飲む黒酢をたくさんの水で薄めて飲むのでも十分です。ドロドロ血液は心臓に負担をかけ、高血圧を促進させる現況。寝る前にたっぷり水分補給をして、血液がドロドロにならないよう心がけていきましょう。

 

魚や納豆を積極的に食べよう

黒酢を毎食後に飲む習慣をつけるだけでも、血液をサラサラにして高血圧予防に効果を期待できます。しかし、それに合わせて食事に気をつけることによって、相乗効果を期待できるでしょう。

 

オススメなのは、魚や納豆です。魚にはDHAやEPA、納豆にはナットウキナーゼという栄養素が豊富に含まれています。これらの栄養素は血液中でできてしまった血栓を溶かしてくれる上に、血液自体をサラサラにしてくれる働きを持っているのです。このため、黒酢を飲む習慣をつけながら、これらの食べ物を中心とした食事を心がけることで、より良い効果を期待できるでしょう。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング