血圧を下げる効果がある食べ物とは

血圧を下げる効果がある食べ物とは 高血圧を改善するために

食事

高血圧の悩みを抱えている人は、日本国内だけでおよそ1500〜3000万人以上にのぼると言われています。

 

それ以外にも、仮面高血圧のように健康診断では見抜けないタイプもあるので、知らないうちに高血圧になっている人は決して少なくないのです。

 

特に近年は生活習慣の乱れによって、無意識に高血圧の悪循環に陥ってしまう人は増えています。

 

「もしかしたら、高血圧になっているかもしれない…」

 

少しでもそう感じているのであれば、対策をしておくに越したことはありません。そこで、誰でも簡単に取り組めるのが、「血圧を下げる食べ物を積極的に食べること」です。

 

それでは、どのような食べ物が血圧を下げるのか、ご紹介していきましょう。

血圧を下げるのにオススメな食べ物とは?

まず、血圧を下げるのをサポートする食べ物を選ぶときは次のポイントを意識しましょう。

 

  • 体内の余分なナトリウムを排出する、カリウムが含まれている
  • 不足すると高血圧を誘発しやすいと言われているマグネシウム&カルシウムが含まれている
  • タウリンは血圧を正常に保つ働きを持つ
  • 血液をサラサラにする効果を期待できる食べ物

 

さて、以上を意識して血圧を下げる食べ物を9個ご紹介していきます。

 

じゃがいも

じゃがいもには豊富なカリウムが含まれています。カリウムは別名、「天然の降圧薬」と呼ばれるほど高血圧対策に適した成分です。

 

バナナ

こちらもカリウムが豊富に含まれている食べ物の1つ。朝食やおやつとして手軽に食べられるので、積極的に食べましょう。

 

しいたけ

あまり知られていませんが、しいたけにも豊富なカリウムが含まれています。すまし汁やお鍋など、メニューを工夫して毎日食べていきたい食べ物ですね。

 

くるみ

高血圧を始めとした生活習慣病には、マグネシウムの摂取量が深く関わっていると言われています。体内のマグネシウム量が低下すると、血圧は上昇しやすくなっているのです。くるみには豊富なマグネシウムが含まれているので、ちょっとしたおやつとして食べる習慣を付けると良いでしょう。

 

ワカメ

日本人には馴染み深いワカメも、カリウムを多く含む食べ物です。また、高血圧対策には欠かせないマグネシウムも豊富に含まれています。お味噌汁にして食べる場合は、減塩味噌を使うと塩分摂取も調節できて良いでしょう。

 

牡蠣

牡蠣にはとにかく豊富なタウリンが含まれています。タウリンは、滋養強壮だけでなく血圧を下げる働きを持つ栄養素として注目されているものです。

 

血圧が上昇する仕組みの1つとして、自律神経が関与しているのをご存知でしょうか?この自律神経のうち、交感神経が優位になると血圧が上昇してしまいます。タウリンは、この交感神経を抑制してくれるので、血圧の上昇を未然に防いでくれるのです。

 

ヨーグルト

ヨーグルトなどの乳製品には、カルシウムが豊富に含まれています。カルシウム不足に陥ると、それを補うために骨の中にあるカルシウムが溶け出して血中のカルシウム濃度を安定させようとするのです。しかし、これによって血液の流れが悪くなるので、結果的に血圧上昇が起こってしまいます。

 

チーズだと塩分を摂取しすぎてしまうため、できれば無糖のヨーグルトを積極的に食べると良いでしょう。

 

大豆

大豆もマグネシウムが多く含まれる食品の1つ。大豆食品を積極的に食べて、血圧上昇を防いでいきましょう。

 

たまねぎ

たまねぎを切っていると、自然と涙が出てきますね。これは、たまねぎに含まれている硫化アリルという成分によって起こる現象です。そしてこの硫化アリル、血液をサラサラにしてくれる働きを持っています。このため、血流を良くして血管に無駄な圧力が加わるのを防いでくれるのです。

 

毎日メニューを工夫するのは難しい!というアナタへ

このように、血圧の上昇を防ぐ食べ物は色々あります。…とはいえ、毎日忙しく駆け回っている人にとっては、「毎日食事に気を遣うなんて難しい…」となってしまうでしょう。

 

そこで、誰でも手軽にこれらの食べ物に含まれた栄養素を摂取できるのが、サプリメントです。今は色々な栄養素が詰まったサプリメントもあるので、毎日それを飲む習慣を付けるだけで簡単に高血圧対策を続けていけます。

 

いつまでも健康な体を維持していくためにも、ぜひ効率の良いサプリメントを試してみてくださいね。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング