病院の高血圧治療

病院で行われる高血圧治療について

高血圧と判断された場合、病院ではどのような治療が行われるのでしょうか。ここでは、病院で行われている高血圧の治療法について簡単に説明します。

生活習慣の改善と薬物療法が中心となる

高血圧の治療について説明する医師

病院で行われている高血圧治療は、薬物療法と生活習慣の改善が中心となります。高血圧のレベルに合わせて、どちらの治療を重点的に行っていくかなどが異なります。

 

生活習慣の改善をする場合に見直していくのは、肥満の解消や塩分摂取量、運動不足の解消、喫煙者はタバコの量を減らしたり、禁煙するなどしていく必要があります。こうすることで、血圧がそれ以上高くなってしまうことを防ぐわけです。

 

基本的に生活習慣の改善だけでなんとかなるレベルの高血圧であれば、これだけを中心に治療していくことになります。しかし、症状が重度の場合は、生活習慣の改善にプラスして薬物療法も行うことになるのです。薬物療法では、降圧薬を利用して血圧を下げて他の病気に発展してしまうことを防ぎます。

高血圧のランクと病院で行われる治療について

低リスク〜中リスクの場合

高血圧のランクが低〜中程度の場合は、生活習慣を改善を中心に治療が進められていきます。医師の指導のもと、改善すべきところをアドバイスされ、それに合わせて少しずつ生活習慣を改善していくことになるのです。

 

このような生活習慣の改善を中心とした治療は、3ヶ月程度続けられます。そして、3ヶ月後に血圧値が下がっていれば、そのまま生活習慣の見直しをしていくことになりますが、3ヶ月経っても140/90mmHgから下がらないようであれば、投薬による治療が開始されます。

高リスクの場合

高血圧のランクが高リスクであった場合は、生活習慣の改善はもちろんのこと、すぐに降圧薬による投薬治療が開始されます。この2つの治療を併用することで、血圧値が変動していくか経過を観察していくことになるでしょう。

 

 

このように、病院ではその人の高血圧のリスクに合わせて、最も適した治療が行われているのです。高リスクの高血圧にならないためにも、日頃から自分の生活習慣を見直して、血圧が上昇するのを防いでいきましょう。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング