高血圧を放置すると病気に

高血圧を放置すると病気に繋がることに

高血圧は放置してしまうと、さまざまな病気を引き起こすトリガーになってしまいます。
ここでは、高血圧がどんな病気に繋がってしまうのか説明していきましょう。

動脈硬化

高血圧になると血管の中に流れる血液の圧力が大きくなるため、それに耐えようと血管の内側の壁が厚くなって血液が流れる量が減ります。これによってさらに血圧が上がって…という負の連鎖が始まり、最終的に動脈硬化にまで発展してしまいます。

 

動脈硬化とは、本来柔軟であるはずの血管がガチガチに硬くなって、もろくなってしまうことをいいます。こうなると血管だけでなくさまざまな臓器にも悪影響を及ぼすようになってしまいます。
高血圧から始まる病気のトリガーは動脈硬化だと言っても過言ではありません。

 

脳の病気

脳出血

高血圧が原因となって脳内にある細動脈に圧力がかかり、血管が脳内で破裂することによって起こる病気です。

脳梗塞

動脈硬化で内側が狭くなった血管に血栓と呼ばれる血の塊が出来てしまい、これが血管に詰まってしまう病気です。血栓が詰まることで血液がまったく流れない状態となり、突然言語障害が出たり、激しい頭の痛みに襲われます。

 

心臓の病気

心臓は血液を送り出すポンプです。動脈硬化や高血圧の状態が続くとなんとか血液を送り出そうと心臓自体が大きくなる心肥大が起こります。さらに、心臓に酸素を供給する血管である冠状動脈にまで影響を与え命に関わる危険な病気を引き起こします。

狭心症

冠状動脈が痙攣や動脈硬化によって狭くなってしまい、血液が一時的に流れなくなり締め付けられるような痛みを感じる病気です。

心筋梗塞

冠状動脈に流れる血流が完全に途絶えてしまい心筋の動きが停止します。これにより激しい痛みが襲いかかり、立っていることもできなくなります。命に関わる非常に危険な病気です。

 

腎臓の病気

腎臓は私達の身体の中に流れる必要なものと不要なものを選別してろ過し、不要なものを尿として排出するという役目を持っています。

 

小さな動脈の塊のような存在である腎臓と高血圧は密接な関係があり、高血圧な状態が続くと不要なものをきちんと排出できなくなり、これによりさらに高血圧が進行するというスパイラルに陥ってしまうのです。

 

腎臓が硬くなってしまう腎硬化症や、腎臓の機能が完全に失われてしまう腎不全になってしまう危険性があります。

 

 

このように高血圧によって、さまざまな恐ろしい病気が引き起こされてしまいます。これを防ぐためにはとにかく正常値に近づけること、そして高血圧になってしまう原因を取り除くほかありません。怖い病気に命を脅かされることにならないように、日頃から自分の血圧には注意していきたいものですね。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング