高血圧は遺伝するのか?

高血圧は遺伝するのか? 親が高血圧だとリスクは高くなる?

高血圧の遺伝について考える女性

さまざまな生活習慣病のキッカケになるとして、危惧されている高血圧。自分がどんなに気をつけていても、遺伝が関係して高血圧になってしまう事があるって、ご存知でしょうか?

 

この記事を読むことで、高血圧と遺伝の関係性を知り、いかにして回避すればいいのかを把握できます。両親が高血圧だから心配…という人は是非、参考にしてくださいね。

 

遺伝によって高血圧体質になる可能性は意外と高い!?

親が高血圧だった場合、子供に「高血圧になりやすい体質」が遺伝する確率について、以下のような調査結果が出ています。

 

  • 片方の親だけ高血圧を患っている場合…遺伝する可能性約30%
  • 両親共に高血圧を患っている場合…遺伝する可能性約50%
  • 両親共に高血圧でない場合…高血圧体質の可能性10%未満

 

いかに遺伝しやすいものであるか、お分かりいただけたでしょう。

 

ただ、あくまでも遺伝するのは、高血圧という病気ではなく、「高血圧になりやすい体質」です。自分の生活習慣を見直して、高血圧を予防するための生活を心がけていれば、高血圧を発症しにくい体を作れるので、決して諦めないようにしましょう。

 

遺伝を要因とする高血圧を回避するために…

前述した通り、両親から遺伝するのは「高血圧になりやすい体質」です。つまり、遺伝的要因のみで発症することはありません。

 

ですが、自分の両親や親族に高血圧を患っている人がいる場合は、より積極的に生活習慣の改善を行うようにしましょう。特に注意すべきは食事と運動です。

 

近年では食の欧米化もあって、肉類など脂っこいものを中心とした食べ物を好む人が増えています。こうした食べ物ばかり食べていると、高血圧を発症しやすくなるので注意が必要です。

 

また、忙しい毎日を送っている人は特に、運動不足に陥りやすいもの。駅のホームではなるべくエスカレーターではなく階段を使うなど、ながら運動を行うようにして、運動不足の解消に励みましょう。

 

さらに手軽に高血圧の予防や改善をサポートするものとして、サプリメントによる栄養補給が注目されています。手軽に続けられて、体全体の健康維持にも役立ちますので、食生活の改善や適度な運動とともに、上手に利用することをおすすめします。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング