更年期障害による高血圧とは

更年期障害による高血圧とは

更年期障害に悩む女性

女性を中心に多く見られる更年期障害。基本的に女性の多くは血圧が低い傾向があるため、更年期になってからも「私は元々血圧が低いから高血圧とは無縁のはず…」と思い込んでいる人も多いでしょう。

 

しかし、油断は禁物です。40代を過ぎた頃から現れる更年期障害によって起こる高血圧に悩まされている人は、日々増えています。

 

ここでは、更年期障害と高血圧の関係についてお話していきましょう。

更年期によって高血圧になるのはどうして?

40代〜50代前半は閉経の前後5年の時期に突入する人も多いです。この期間は女性ホルモンの分泌量が突然低下するのですが、これが体に様々な影響を及ぼすことになります。

 

そして、その1つとして挙げられるのが高血圧です。

 

女性ホルモンの1つである、エストロゲン。これが低下することによって、自律神経が乱れやすくなります。自律神経と言えば、血圧の値をコントロールしているもの。これが乱れれば、当然血圧も乱れやすくなってしまうのです。

 

更に、更年期血圧はとにかく不安定なのが厄介とされています。比較的気分が落ち着いている時は普通の値なのに、イライラしたり体のほてりを感じたり、動悸を感じた時に計ってみると驚くほど血圧が上昇していた…ということも少なくないのです。

 

このため、不安定な血圧によって本人の不安感が高くなり、そのストレスから余計に高血圧を悪化させてしまうこともあります。

 

また、更年期になるとうつ病を発症しやすくなり、家に引きこもりがちになることもあるのです。その結果、運動不足や睡眠不足、ストレスが原因となり肥満に繋がりやすくなります。こうして、肥満から高血圧の症状に繋がることもあるので、注意が必要です。

 

更年期の高血圧、対策は…?

更年期がいつ始まるかは人によってまちまちです。ただ、基本的には40を過ぎた頃から症状が出やすくなるため、40歳になったら家庭用血圧計などでこまめに血圧を測る習慣を付けると良いでしょう。

 

特に更年期高血圧は、普通の高血圧とは違って不安定なものです。そのため、普通の高血圧とは違った対策も必要になりますので、ここでは、更年期の高血圧におすすめな対策をご紹介していきましょう。

放置しないこと

一時的にイライラしたから血圧が高くなったんだろう…。と、見て見ぬふりをして放置する人は少なくありません。でも、これはNGです。

 

確かに更年期の高血圧は不安定で、最初は一時的なものに過ぎません。でも、これを繰り返しているうちに、慢性的な高血圧に繋がってしまうのです。

 

少しでも「あれ?」と思ったら、早めに医師に相談するようにしましょう。

 

血圧測定を朝晩行う

更年期の高血圧は変動が激しいものです。また、高血圧には仮面高血圧といって、一時的に高血圧となっていて、普段は正常値という症状のものもあります。

 

そのような分かりにくい症状にも早めに気づくことができるように、毎日朝晩血圧の測定を行うのがオススメです。そして、測定した数値は記録しておくようにしましょう。もし血圧がいつもとおかしいと感じたら、記録したメモ帳を持って専門の医師に相談することをオススメします。

 

手軽にできる対策をしていく

更年期の高血圧は知らないうちに起こり、慢性化してしまうものです。それを食い止めるためには、日頃から自分でできる対策を行っていくのも重要となります。

 

そこで今注目されているのが、サプリメントを飲むことで高血圧対策をしていくという方法です。サプリメントなら手軽に高血圧対策に効果を期待できる成分を摂取出来る上、誰でも続けやすい利点があります。まとめて体に良い栄養素を摂取することで、全体の健康維持も期待できるでしょう。

 

今は初回限定でお試しパックなどを提供しているところもあるので、自分に合うサプリメントを見つけてみてくださいね。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング