最低血圧だけが高い原因として考えられることは

最低血圧だけが高い原因として考えられることは

血圧測定器

一概に高血圧といっても、最低血圧だけが高いという症状があることもご存知でしょうか?

 

血圧が高い=最高血圧・最低血圧共に高いと考えてしまいがち。でも、最高血圧は正常なのに最低血圧が高いという、特殊な高血圧に悩まされている人も多いのです。

 

最高血圧は正常なのに、最低血圧が高い…どうして?
そう思ってしまう人は多いでしょう。
そこで、このページでは最低血圧が高くなる原因についてお話していきます。

そもそも最低血圧とは?

最低血圧とは、心臓の拡張期の血圧のことを言います。血圧の測定では、心臓の収縮期と拡張期の数値を測るのですが、この時前者が最高血圧、後者が最低血圧となるわけです。

 

心臓は常にポンプの役割をして、体全体に血液を送り込んでいます。

 

拡張期というのは、このうち心臓が体全体に血液を送り出していない状態のこと。体全体の血管へと血液を送り出す瞬間、心臓はぎゅっと収縮して一気に血液を送り出しますね。この時は一番圧力がかかる瞬間で収縮期(最高血圧)となるわけです。

 

拡張期はこの状態の反対で、心臓に圧力がかからず、通常の大きさに広がっている状態を指します。つまり、拡張期は最も圧力がかからないはずです。最低血圧だけが高いということは、一番解放的なはずの心臓や血管に無駄な圧力が加わっているということになります。

最低血圧が高い理由とは?

さて、最低血圧が高い原因ですが、「毛細血管の抵抗が増加しているものの、大きな血管の弾力性が衰えていない状態」で起こるとされています。

 

具体的には、次のようなことがトリガーとなっているようです。

 

  • 肥満
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 過剰なアルコール摂取
  • 運動不足

 

以上1つでも該当する場合は、最低血圧が高くなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

 

さらに、最低血圧が高い状態の人は少しずつ最高血圧も上昇してしまう傾向があるとされているので、結果的に高血圧となってしまうと言われています。高血圧は放置しておくとどんどん血管が硬くなり、動脈硬化や脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こす原因となる恐ろしい生活習慣病の1つ。

 

最低血圧が高いだけの段階であれば、高血圧になる前に予防していくことも不可能ではありません。健康診断などで医師から最低血圧について指摘されたり、家庭で測定した時に気になった場合は、早めに生活習慣を見直すと良いでしょう。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング