高血圧を予防するための生活習慣

高血圧を予防するための生活習慣

運動をする女性

高血圧はほとんどの場合、生活習慣が原因です。つまり逆を言えば、生活習慣さえきちんと修正できれば、高血圧を防ぐことは可能なのです。

 

では、高血圧にならないための生活習慣とは一体どのようなものなのでしょう?

塩分控えめにミネラルをしっかり摂取する食事を

とにかく高血圧に過度な塩分は禁物。ですから、塩分を控えてミネラルやビタミンをしっかり摂取できる食事を心がけることが大切です。

 

ラーメンの汁は残す、調味料の量を減らすなどの工夫をして塩分を控え、野菜や植物性脂肪を含んだものをたくさん食べるようにしましょう。また夜には消費カロリーが減りますから、寝る前に食べ過ぎないように注意することが大切です。

適度な運動を

ウォーキングやプールでの水中運動、サイクリングなどの有酸素運動は健康にとても有効であることがわかっています。1日30分程度、運動する習慣をつけるようにすれば血圧の上昇を防ぐことができます。

 

ただし、激しい運動は逆に血圧を上げてしまう可能性があるので、あくまでも適度な有酸素運動を心がけましょう。

節酒・禁煙

お酒は適量を守って、休肝日を設けて飲むようにすれば身体に良い効果をもたらしてくれますから、飲み過ぎないように注意してください。

 

タバコについては1本でもかなり高血圧のリスクを高めます。できれば禁煙外来などを利用してできるだけ禁煙するように心がけましょう。百害あって一利なしですから、ぜひともここは控えるのではなく完全に禁煙したいところですね。

 

飲酒と喫煙が血圧に与える影響

睡眠をきちんととる

ただ寝るのではなく質の良い睡眠をとることも大切です。寝具を見直したり、寝る場所の環境を変える、といった工夫も大切でしょう。リラックスできるようにアロマを焚くのもいいですし、自分の首の高さにあった枕にするというのも効果的です。

 

睡眠は身体を休めるだけでなく心も休めて、ストレスを解消するチャンスです。毎日の睡眠を良いものにしてストレスもしっかりその日のうちに発散しておきましょう。ストレスは高血圧のリスクを高める要因のひとつだからです。

 

 

規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動、そして節酒と禁煙。こうして並べてみるといろいろあって大変そう…と思うかもしれませんが、これは人間の本来の生活リズムにするというだけです。最初は大変かもしれませんが、習慣づいていけばそれが当たり前になっていくことでしょう。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング