高血圧の薬の副作用

高血圧の薬の副作用について

血圧の薬

健康診断などで高血圧だと指摘された場合、当然治療をしていくことになります。

 

基本的に、最初は食事や運動など生活習慣の見直しから取り組みますが、それでも改善が見込まれない場合は、薬物療法が適用されます。

 

高血圧を治療するためとはいえ、薬を飲むとなると副作用などが気になる人も多いでしょう。そこで、この記事では高血圧の治療に用いられる薬の副作用や注意点についてご紹介していきます。

 

高血圧の治療薬、降圧剤には様々な種類がある

降圧剤は、大きく分けると次の7種類に分けられます。

  • カルシウム拮抗薬(ジヒドロピリジン系、ベンゾジアゼピン系)
  • アンジオテンシンU受容体拮抗薬(ARB)
  • アンジオテンシン変換酵素阻害薬
  • 高圧利尿薬
  • β遮断薬
  • α遮断薬
  • 合剤

 

ではそれぞれの特徴や副作用及び注意点についてご紹介しましょう。

 

降圧剤の効能と副作用・注意点について

カルシウム拮抗薬

日本の高血圧治療において、主に使用されているのがこの薬です。

 

血管の収縮を起こしやすくなるカルシウムを抑制し、血圧を下げるサポートをしてくれます。同じカルシウム拮抗薬でも、ジヒドロピリジン系とベンゾジアゼピン系の2つがあり、前者は年齢問わず使用出来る上に、狭心症の人にも有効です。後者は心疾患を患っている患者さんには使用できません。

 

便秘やほてり、むくみ、動悸、頭痛、歯肉増殖などの副作用が起こる場合もあるため、これらの症状に悩まされている人は注意しましょう。

 

アンジオテンシンU受容体拮抗薬

日本で2番目によく使われている薬です。高血圧の原因と言われているアンジオテンシンUの抑制をしてくれます。重傷の肝障害及び腎障害を患っている人や妊婦さん、授乳婦への処方はNGです。

 

アンジオテンシン変換酵素阻害薬

こちらはアンジオテンシンUを作らないようにする働きを持つ薬です。腎臓や肝臓に障害を持つ人は、服用に注意が必要なため医師としっかり相談しましょう。

 

高圧利尿薬

腎臓からナトリウムが排泄されるのを促進させ、利尿作用を高める薬です。主に次の3種類が使用されています。

 

  • サイアザイド系
  • ループ利尿薬
  • アルドステロン拮抗薬

 

サイアザイド系はナトリウムの再吸収を抑制することで、体内の量を減らしてくれます。ループ利尿薬は腎機能低下に有効に作用する薬です。そして、アルドステロン拮抗薬はナトリウムの再吸収と深い関係があるアルドステロンを抑制してくれます。

 

また、副作用ですが、サイアザイド系とループ利尿薬は、嘔吐や便秘、筋力の低下とけいれん、麻痺に加えて尿酸値の増加や血糖値が下がりにくくなるなどを起こすことがあるので注意しましょう。

 

アルドステロン拮抗薬は、副作用として高カリウム血症になることがあります。このため、重い腎機能障害を患っている人には向かない薬です。

 

その他の降圧薬

上記でご紹介した薬の他にも、β遮断薬、α遮断薬、合剤があります。

 

β遮断薬は、自律神経のβ作用に働きかけ、心拍数を低下させて交感神経を抑制させる働きを持つ薬です。心不全の予後改善に有効とされている他、若年層の高血圧患者を中心に用いられます。反面、高齢者や糖尿病患者さんには向いていない薬です。

 

α遮断薬は、自律神経のα作用を抑えることで、血管の拡張を促します。特に、心筋梗塞や脳卒中を起こしやすいとされている早朝高血圧患者さんに処方されるものです。

 

最後に合剤ですが、これはその名の通り2種類の降圧剤を1つにしたもののことを指します。複数ある薬を1つにまとめるため、飲み忘れ防止などに効果的です。

 

降圧薬を服用するにあたって…

降圧薬は長く使用していく薬です。そして、長い付き合いになるからこそ、「いつも飲んでいる薬だから…」と油断してしまいがち。でも、それが落とし穴です。
ここでは、服用するにあたって注意して欲しいことをご紹介します。

 

自己判断での中止はNG!

もうすっかり血圧も正常値に戻ったし…と、勝手に薬をやめてしまってはいませんか?これは絶対にNGです。確かに、薬の効果で血圧は下がりますが、勝手にやめてしまうと再び血圧が上昇してしまいます。また、その変動が繰り返されることで血管が傷ついてしまうので、絶対にやめましょう。

 

飲み忘れたからと言ってまとめて飲むのはNO!

1回飲み忘れた…!じゃあ次に2倍の量飲めばいいや…なんて思ってませんか?これも絶対にNGです。1回飲み忘れてしまうことよりも、1回あたり飲む量が増えることの方が危険なので、絶対にやらないようにして下さい。

 

飲み合わせを意識しよう

偏頭痛やアレルギーなどで新しく薬を飲む機会もあるでしょう。その場合は、薬局の薬剤師さんに必ず飲み合わせを確認してください。また、漢方薬の中でも甘草(カンゾウ)が入っているものは注意が必要です。これは血圧を高める作用があるので、気を付けましょう。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング