運動で高血圧を解消

適度な運動で高血圧を解消しよう

高血圧を改善するためには、生活習慣を見直すことが重要と言われています。その中でも、運動不足になりがちな人は、適度な運動をするだけでも高血圧を改善する効果が期待できるのです。

適度な運動は血圧を下げる効果が期待できる?

ウォーキングをする夫婦

適度な運動をすることで期待できる働きによって、血圧が低下しやすくなると言われています。まず、運動をすると交感神経の働きが低下します。そのため、血管が拡張するので血圧が下がりやすくなるのです。

 

また、運動をすると利尿作用も活発になります。その結果、体内の体液量が低下するため、血圧が下がりやすくなるのです。

 

さらに、適度な運動はインスリンが持っている働きを活性化させます。インスリンは血圧上昇機能を持つため、分泌量が増えるとその分血圧も上昇しやすくなりますが、運動により働きが活性化すれば、分泌される量は少なくて済むため、血圧が上昇しにくくなるわけです。

どんな運動をどのくらいすればいいの?

適度な運動が高血圧の予防に効果的といっても、具体的にどんな運動をすればいいのか分からないという人は多いでしょう。そこで、高血圧の予防に効果的な運動について、ここでご紹介したいと思います。

運動の種類は?

まず、運動は有酸素運動を行うようにしましょう。有酸素運動とは、呼吸をしながら行える運動のことです。ウォーキングや水中歩き、サイクリングなどがこれにあたります。

 

反対に、一時的に呼吸を止めて行う筋トレのような運動は無酸素運動といいます。無酸素運動は高血圧の予防には適していないため、おすすめできません。

運動する時間は?

運動はできるだけ1日30分程度行うようにしましょう。しかし、それまでほとんど運動をしていないという人が、いきなり1日30分の運動をするというのは、なかなか大変なものがあります。その場合は、1回10分を1日に3回…というように、小分けにして運動する形でも構いません。

運動する頻度は?

基本的に毎日続けるのが理想です。しかし、無理に続けるとかえってストレスになってしまい、逆効果になる恐れもあります。自分にとって無理のない範囲で、週に3日〜4日程度を目安にして続けていくと良いでしょう。

運動の強度は?

ハードな運動は血圧の上昇を招くため、オススメできません。そのため、強度はそこまで求めなくてよいでしょう。多少汗が出る程度、呼吸が多少乱れる程度を目標にして下さい。

 

⇒高血圧が気になる方へおすすめサプリランキング